AYA SANNOHE

政策について

母の勇気が、
政治を動かす。

政策について

さんのへ あやは、
つの視点から
江東区の未来を考えます。

母としての
~as a mother~
2018年3月に江東区にて長男を出産。
妊娠中から子どもを保育園に預けるための活動(保活)をしている母親達の話を聞き、情報収集能力次第で入所の可否が分かれてしまう現実に大きな疑問を抱きました。
また、保育園の問題だけでなく、子どもを育てる為に、本当に必要な情報をより多くの方々と共有する為のネットワークグループ「こうとうワークマム」を立ち上げました。
臨海地区再開発等に伴い、江東区内の子どもの数は年々増え続けています。
この街が、子ども達にとって安心・安全な場所であってほしい。
そして、私達大人は子ども達にいかなる負担を負わせてはなりません。
「子どもにツケをまわさない!」
さんのへ あやは、子どもを見つめる瞳で江東区の未来を見据えて、持続可能な地域の在り方を考えます。
社会福祉士の
~as a social worker~
障がいを持つ家族がいる私は、幼い頃よりそれを個性として当たり前に受け止めていました。
しかし、障がい者が社会で自立して生きていく事の難しさに触れ、誰もが幸せに暮らせる社会を作りたい!と思い福祉の道を志しました。
上智大学総合人間科学部社会福祉学科に入学し、在学中にNPO法人を通じて自閉症を持つ子供への学習支援、厚生労働省でのインターンシップや就労支援施設での実習を経験し、大学卒業後に社会福祉士の資格を取得。
区政にも貢献したいと江東区区民委員として障害者計画・障害者福祉計画の策定に携わりました。
さんのへ あやは、専門的な知見から培った目で、障がい者を家族に持つ当事者として、江東区が抱える福祉の課題を多角的に捉えます。
異文化的な
~as a global person~
私は父親の仕事の関係で中学・高校生時代をタイ・バンコクのインターナショナルスクールで過ごしました。
そこで体感したのは”人と違っていることがあたりまえ”の世界。
出身国、文化的背景、宗教、性的指向、物事に対する考え方。
日本よりも貧富の格差は大きくても、助け合って暮らす「笑顔」の民族文化。
入学当初は戸惑い、自分の意見が英語で述べられず悔しい思いをしましたが、徐々に慣れ、最終学年には生徒会に所属し会計を担当。充実した高校生活を終えて、上智大学に進みました。
大学卒業後は「正・新・和」を社是とする商社で様々な国を相手に三国間での貿易実務を行いました。
あらゆる立場の人の意思を汲み取り、違いを認め合い寄り添い、共に生きる事で人間らしい豊かさを広げられると信じています。
さんのへ あやは、オリンピック・パラリンピックの中心開催地となる江東区を国際的な視点から見つめ、2020年をきっかけに更に多様性が活躍できる地域を目指します。

さんのへ あやは、
3つの視点をもって、
「理不尽を常識にしない
5つの政策」に
全力で取り組みます。

01
過不足のない
充実した福祉の実現へ
  • 障がい者、高齢者、社会的支援が必要な人とその家族の課題をすぐに解決できる相談体制の強化・充実をはかります。
  • 「働く」ことは「生きる」こと。"就労支援は人権支援"をモットーに、民間・行政・施設・地域の連携を高めて、民間企業・役所・作業所などにおける安定した収入の創出をはかり、あらゆる人々が江東区で自立して生活するための支援を進めます。
  • 教育現場と地域におけるLGBTの児童・生徒の人権を守り、LGBTの皆様が生きづらさを感じない江東区へ。
  • 保育から介護まで福祉の現場を支える人々への待遇を向上します。
02
子育てに
不安を感じさせない街へ
  • 子ども子育て家庭への調査により、助けを必要とする些細なニーズも小さな声も聞き逃しません。
  • 「ゆりかご面接」だけではなく、出産後も子育てに置ける情報格差をなくすため、江東区版ネウボラを導入し、妊娠から子育て・家庭支援まで切れ目のない支援を行います。
  • 子育て支援・保育園探しのコンシェルジュ機能増強し、子育て支援情報へのアクセスのし辛さを改善します。
  • 保育施設選考のAI化を進め、選考結果の回答を1ヶ月以内に行い、入所までの準備期間を長くし、家庭への負担を減らします。
03
子ども、障がい者、高齢者も
対象にした防犯・防災対策
  • 地震、洪水、火災など、あらゆる災において正しい行動を取るために被害想定を進め、子ども、女性、障がい者の目線を組み込んだ事前の防災行動計画の常設化を進めます。
  • 子どもの権利条約に則し、いじめ・虐待・体罰などあらゆる暴力から子どもの人権を守ることを最優先にします。
  • 時差で届く防犯メールを改善・登下校時の見守りを強化し地域で子どもを犯罪から守ります。
04
役所の無駄な支出を
徹底的に見直します
  • 江東区財政健全化条例を区民参画で策定し、区民の自由を制限する税金を最低限に、最小限にします。
  • 東京五輪の主な開催地である江東区。進行形で膨れ上がる経費が負の遺産とならないか、大会後の費用負担が発生しまいか、しがらみのない立場から厳しくチェックします。
  • 江東区の財政と支出を分かりやすく伝え、自分たちのお金が何に使われているのかをアップデートし、情報公開を進めます。
  • 江東区公有財産の棚卸を!学校などの既存公共施設の改築や人口急増に対応するための新たな展開のため、ひとつひとつの事務事業を評価・検証することを怠らず、限られた財源・資産を効率的に活用し、健全財政に努めます。
05
区民が主役の
開かれた議会運営を目指し、
議員・議会改革!
  • 議会が自らを律するための議会基本条例、政治倫理条例などの議員提案条例の制定を進めます。
  • 議会運営理事会などに象徴される、有権者が傍聴できない、議事録も見られない密室会議は廃止します。
  • 個々の議員の個性を奪い、閉塞化の温床となる大会派中心の議会運営を見直し、区議会の「見える化」を進めます。